無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

2017-03-19から1日間の記事一覧

離為火 

坎と対をなす卦が離です。 坎が水をイメージしたものであったように、離は火をイメージしたものです。 陽爻二つに挟まれた陰爻。ろうそくの芯と火をイメージしてもらうとわかりやすいのではないでしょうか? この坎離は水火と考えられ、六十四卦の最後にも、…

坎為水 

坎は陰爻二つに陽爻が挟まれた形をしています。 この形を90度回して、陰爻を斜めにすると、「水」という漢字になります。 水という漢字の語源とも考えられる「坎」という卦。 全体としては、水という冷たくて、動きのないものです。 これが流れる様を描写し…

巽為風 

巽は上に陽爻2つ、下に陰爻1つの卦です。 大地の上を吹く風をあらわしています。 その巽が上下に2つ重なったのが、 巽為風です。 小さな事は進めても良いが、指導的な立場の人の意見を良く聞く事。と言うのが、この卦の大前提となります。 つまり、小さな…