無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

八卦

老子道徳経第五十二章詳解(5)

圭表と観象台 圭表とは、太陽が真南に来た時に太陽の影の長さを測る道具です。 最も長くなる時が夏至、最も短くなる時が冬至となります。 図 授時暦に記載されている圭表機 観象台とは、ここでは現在一般的になっている天文観測や日照観測の天文台ではなく、…

老子道徳経第五十二詳解(4)

玄同八宮六十四卦とは、 老子道徳経から周易の空間と時間を考えたものですが、基本は陶寺観象台から観られる太陽の位置と長さ、京氏易伝、邵雍の皇極経世書から作られています。 マニアックになりすぎると分かりにくくなる為、簡単に書くと、 一般的に知られ…

老子道徳経第五十二章詳解(3)

夏至が最も古く観測された節気であり、坤は四象としては乾坤坎離という四象の観点でみて、乾(北)、坤(南)、坎(西)、離(東)となりますが、 六十四卦に配当すると、この四象にはそれぞれ16卦が入ります。 玄同八宮六十四卦という考え方を用いると、 …

老子道徳経第五十二章詳解(2)

観象台での基本は、 夏至、秋分、冬至、春分を四象として、 夏至は雷風恒 [陰陽陽陽陰陰] 秋分は水火既済 [陽陰陽陰陽陰] 冬至は山沢損 [陽陽陰陰陰陽] 春分は天地否 [陽陽陽陰陰陰] を配当します。 これは、説卦伝の雷風相博、水火不相射、 山沢通…

老子道徳第五十二章詳解(1)

古代農耕の為の日照時間の計測には圭表を用いて、日陰の位置で測っていたと言われています。 しかし、夏王朝では圭表と並んで観象台から日の出が観られる位置を13柱のどこに来るかで判断する方法もあったそうです。 この老子道徳第五十二章に書かれている…

老子道徳経第五十二章

読み下し文 天下に初めありて、以て天下の母と為すべし。 既にその母を得れば、以てその子を知る。既にその子を知り、またその母を守らば、身を没(お)うるまで殆(あや)うからず。その兌(あな)を塞(ふさ)ぎ、その門を閉ざせば、終身勤(つか)れず。その兌を開…

六十四卦②

9番目は、風天小畜。天に風が吹き、雨が降り始めようとしているものの、まだ降っていない状況をあらわしています。降るのであれば西から降ります。始まる前の小休止といった状況をあらわす卦です。 10番目は、天沢履。上には天、下には沢と上下がはっきり…

六十四卦①

八卦を上下に重ねる事で、六十四種の現象を表現できます。 八卦で、基本的な自然現象を表現できる為、東洋医学では八卦まで理解していれば十分かも知れません。 中央を中心として、八方向に分けて物事を理解する八卦を更に一方向を八つに分けます。 全てを紹…

兌為沢

八卦最後の1組が兌と艮です。 兌は陰爻が1つ上にあり、陽爻が2つ下にあります。 エネルギーの出口、或いはその場を区切る為の出入口として観る事ができる為、 人体では肺が相当します。 季節では秋、1日では寅(3時〜5時)と申(15時〜17時)。 丑寅の方角…

離為火 

坎と対をなす卦が離です。 坎が水をイメージしたものであったように、離は火をイメージしたものです。 陽爻二つに挟まれた陰爻。ろうそくの芯と火をイメージしてもらうとわかりやすいのではないでしょうか? この坎離は水火と考えられ、六十四卦の最後にも、…

坎為水 

坎は陰爻二つに陽爻が挟まれた形をしています。 この形を90度回して、陰爻を斜めにすると、「水」という漢字になります。 水という漢字の語源とも考えられる「坎」という卦。 全体としては、水という冷たくて、動きのないものです。 これが流れる様を描写し…

巽為風 

巽は上に陽爻2つ、下に陰爻1つの卦です。 大地の上を吹く風をあらわしています。 その巽が上下に2つ重なったのが、 巽為風です。 小さな事は進めても良いが、指導的な立場の人の意見を良く聞く事。と言うのが、この卦の大前提となります。 つまり、小さな…

震為雷 

この流れは、乾兌離震巽坎艮坤ではなく、 乾坤震巽坎離兌艮で書いていってます。 乾坤(無)→震巽(鳴動)→坎離(心腎) →兌艮(形)の流れを意識しているからです。 言い換えると、無から声・動き、見えない部分の心・体、形としての身体の意味の元とも解釈…

坤為地 

乾為天の次は坤為地です。 乾坤一擲と言われる言葉には、天地をかけて一投する、と言う意味があります。 乾為天、坤為地は文字通り天地をあらわしています。 そこから、乾は父、坤は母とされる時もあります。 同時に、目に見えない、無極の間の陽が乾、陰が…

乾為天 

八卦の順序は大きく分けるとふた通りありますが、どちらも初めにくるのが、乾です。 乾は陽爻3つで示されます。 陽気が上中下全てに充満している姿です。 太陽のように充満した陽気。 一見恵みばかりのようですが、功罪共に備えています。 そして、六十四卦…

八卦と九宮

東洋医学の基礎としての概念は、この八卦・九宮で一旦区切られます。 なぜなら、六十四卦、三百八十四爻まで考えるとなると具体化しすぎて、本質の表現が困難になるからです。 この八卦・九宮は、易の数から観ると、 1(太極)→2(両儀)→4(四象)→8(…