無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

天地否

老子道徳経第五十二章詳解(2)

観象台での基本は、 夏至、秋分、冬至、春分を四象として、 夏至は雷風恒 [陰陽陽陽陰陰] 秋分は水火既済 [陽陰陽陰陽陰] 冬至は山沢損 [陽陽陰陰陰陽] 春分は天地否 [陽陽陽陰陰陰] を配当します。 これは、説卦伝の雷風相博、水火不相射、 山沢通…

老子道徳第五十二章詳解(1)

古代農耕の為の日照時間の計測には圭表を用いて、日陰の位置で測っていたと言われています。 しかし、夏王朝では圭表と並んで観象台から日の出が観られる位置を13柱のどこに来るかで判断する方法もあったそうです。 この老子道徳第五十二章に書かれている…

老子道徳経第五十二章

読み下し文 天下に初めありて、以て天下の母と為すべし。 既にその母を得れば、以てその子を知る。既にその子を知り、またその母を守らば、身を没(お)うるまで殆(あや)うからず。その兌(あな)を塞(ふさ)ぎ、その門を閉ざせば、終身勤(つか)れず。その兌を開…