無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

老子道徳経

老子道徳経第五十二章詳解(5)

圭表と観象台 圭表とは、太陽が真南に来た時に太陽の影の長さを測る道具です。 最も長くなる時が夏至、最も短くなる時が冬至となります。 図 授時暦に記載されている圭表機 観象台とは、ここでは現在一般的になっている天文観測や日照観測の天文台ではなく、…

老子道徳経第五十二詳解(4)

玄同八宮六十四卦とは、 老子道徳経から周易の空間と時間を考えたものですが、基本は陶寺観象台から観られる太陽の位置と長さ、京氏易伝、邵雍の皇極経世書から作られています。 マニアックになりすぎると分かりにくくなる為、簡単に書くと、 一般的に知られ…

老子道徳経第五十二章詳解(3)

夏至が最も古く観測された節気であり、坤は四象としては乾坤坎離という四象の観点でみて、乾(北)、坤(南)、坎(西)、離(東)となりますが、 六十四卦に配当すると、この四象にはそれぞれ16卦が入ります。 玄同八宮六十四卦という考え方を用いると、 …

老子道徳経第五十二章詳解(2)

観象台での基本は、 夏至、秋分、冬至、春分を四象として、 夏至は雷風恒 [陰陽陽陽陰陰] 秋分は水火既済 [陽陰陽陰陽陰] 冬至は山沢損 [陽陽陰陰陰陽] 春分は天地否 [陽陽陽陰陰陰] を配当します。 これは、説卦伝の雷風相博、水火不相射、 山沢通…

老子道徳第五十二章詳解(1)

古代農耕の為の日照時間の計測には圭表を用いて、日陰の位置で測っていたと言われています。 しかし、夏王朝では圭表と並んで観象台から日の出が観られる位置を13柱のどこに来るかで判断する方法もあったそうです。 この老子道徳第五十二章に書かれている…

老子道徳経第五十二章

読み下し文 天下に初めありて、以て天下の母と為すべし。 既にその母を得れば、以てその子を知る。既にその子を知り、またその母を守らば、身を没(お)うるまで殆(あや)うからず。その兌(あな)を塞(ふさ)ぎ、その門を閉ざせば、終身勤(つか)れず。その兌を開…