読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

無極

極まりがないと言う事。

無、無限、無限光等と区切る考え方もあり、無極も様々な角度から見ることで、様々な名前があります。
 
例えば
 
混沌と言う表現が荘子の応帝王篇に書かれていますが、無極を示しています。
 
太易と言う表現は列子に先天五太として書かれていますが、無極を示しています。
 
 全て、はっきりしない、無の状態と言えば簡単に表現できますが、そう表現してしまうと、場合によっては違和感が発生してしまいます。
 
 先天五太と言う考え方に示されている、太易は無極から太極へ至るまでの5段階の内の第1段階とされ、あらゆる「道」と言われるものはこの考え方の方が親和性が高いかもしれません。
 
太易(認識できない、認識する事を理解できない)
太初(認識できないが、認識する必要があると理解、感得する)
太始(認識するには、どうすべきか、優先順位等を決定し始める)
太素(認識していなかったものを認識する手段を得て、大きく変化する)
太極(一つの枠組みでの認識方法を確立する)
 
無極も易学理論に従うとこのように順番に変化します。
 
 これを縦横無尽に使うと禅問答のようになり分かりにくくなります。
  無極は太極であると言う考え方と無極から太極であると言う考え方があるからです。
 
  無極は、易学理論に照らし合わせると一つの太極ですが、無極から太極への変化を表す場合、五行で表す事もできています。
 
  具体的に言うと、
 
①何かを極めたい、或いは生業としたいと考えるとします
 (無極であり、太極であり、太初)
 
②修得に必要な事柄を理解し、実行します(無極であり、太極であり、太始)
 
③一通りマニュアルを体得し、自分なりの方法に応用できる兆しが生まれます
 (無極であり、太極であり、太素)
 
④自分なりの確固たる方法論を確立できます(無極であり、太極)
 
4つに区分しているのは、完全な無極は省いているからで(四象)、実際に使うためには、まず自分が今の時点で無極(太易であり、太極)である事が認識できていなければ変化できませんので、運用には太易→太初→太始→太素→太極と考えます。
 
   無極であっても、細分化すると易学理論が当てはまります。
 
  東洋医学としては、内経医学の素問・移精変気論に示されている、
①祝由(コミュニケーション能力、望診、問診)
  ↓
②導引(呼吸、聞診)
  ↓
③按蹻(切診)
  ↓
④毒薬(漢方、腹診)
  ↓
⑤鍼灸
 
をこれに当てる事ができます。
 
  つまり、八綱弁証を基本とした弁証法を駆使する際には、四診で鍼灸師の最大限の能力を活用する必要があり、それ以前の患者さんへのアプローチまでが治療に含まれているのです。