無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

坤為地 

f:id:shuji0211:20170318222350p:plain

乾為天の次は坤為地です。

 

乾坤一擲と言われる言葉には、天地をかけて一投する、と言う意味があります。

 

乾為天、坤為地は文字通り天地をあらわしています。

 

そこから、乾は父、坤は母とされる時もあります。

 

同時に、目に見えない、無極の間の陽が乾、陰が坤とされてもいます。

 

その為、人は乾坤が交わり、父母の愛を受けて人となるとも考えられていました。

 

坤は地をあらわしますが、方角では南西、十二支では未を示しています。

f:id:shuji0211:20170318222405p:plain

全てが陰爻の為、純陰とも言われます。

 

しっかりと時間をかけて広がっていくのが地、果てしなく広い空間が天。

 

宇宙は、宇と言う空間と宙と言う時間が交わったものです。

八絋一宇は、あらゆる空間を1つの屋根で覆う(あらゆる人種が家族となる)と言う理念を打ち出したものです。

 

坤は3つの陰爻で構成され、大きな意味としては、慎み深く、前に出ずに付き従って、精進すれば良い先達を得て迷うことがない。西南は坤の位置である為、居心地は良いが陰のみで停滞し、東北は艮の位置で鬼門(丑寅)だか、静かな中にも陰陽(上下)が交わっているので変化が起こると考えられます。

 

坤為地は陰爻が6つとなります。

 

1、ちいさな基礎が大きな土台となる。

 

2、今まで道をコツコツと進んできた人は、自然と本当の道が拓ける。

 

3、時や節目を守るのが第一。目先の効果よりも始めから終わりまでがしっかりと区切られている事が大切。

 

4、才能、言動を慎む時。そうすれば、良い事があるわけではないが、悪い事が起こらない。

 

5、謙虚さを忘れずに進めば大変良い時期。

 

6、本来飛躍できるもの同士で潰しあい、大きな損害を被る可能性がある時期。

 

大きな流れは乾と似ていながらも、あくまでも地であり、陰である為、常に静位を守るのが坤です。

 

坤の短所は動かなくなること。静かにしながらも動く事が大切です。

 

東洋医学では、空間的には右上。

 

顔で言うと、左上の額。

 

手で言うと、左手小指側の中手骨付近。

 

人体全体で言うと、右肩・上肢後ろか左肩・

上肢前。

 

内臓では、脾胃。

 

上下左右の通路。