読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

祝由③

祝由の最後は、技としてまとめられた部分の簡単な紹介です。

 

 少量の薬を用いる場合と用いない場合があり、主に祝由師の意念が用いられる。符咒が生む磁場によって各種の疾病を治療する為、祝由師に要求されるレベルは高い。多くの戒律を必ず遵守する必要があり、その上で現代で言う気功の修練が必要となる。

 

 祝由は、施術者が心を正し、邪を払い、高尚な徳を備え、名利を不要としている必要があり、施術時には全身リラックスして身体を真っ直ぐにし、雑念が起こらない状態にして、対者を見る。神秘的な所作や封建的な迷信動作は不要で、人に受け入れられやすいよう臨機応変に行う。

 

 祝由には、患者に対する要求もあります。患者が施術師を敬い、素直に受ける体勢でいること。

 

その上で、以下のように、疾患毎に異なる図象を黄色い紙に赤字で記し、咒を唱えます。

これは、大北斗咒と呼ばれるものです(祝由科・乾に記載)が、

f:id:shuji0211:20170328203251p:plain

 

北斗真経の北斗七元神咒には、

 

北斗九辰、中天大神。  上朝金闕、下覆崑崙。  調理綱紀、統治乾坤。

大魁貪狼、巨門禄存。  文曲廉貞、武曲破軍。  高上玉皇、紫微帝君。

大周天界、細入微甚。  何災不滅、何福不臻。  元皇正炁、来合我身。

天罡所指、晝夜常輪。  俗居小人、好道求靈。  願見尊儀、永保長生。

三台虚精、六淳曲生。  生我養我、護我身形。  急々如律令。

 

と書かれています。

 

 ”魁[鬼勺]魋[鬼行][鬼畢][鬼甫][鬼票]尊帝”がないだけで、ほぼ北斗真経の祝詞そのままです。

 

 昔の治療家である、孫思邈や張介賓も少し記していますので、興味がある人は読んでみてください。

 

 この祝由術から得られる事は、

 

 施術家は、心を正し、知識をできるだけ備え、施術による自分の利は置いておいて、リラックスして施術に向かう事。

 

 その清らかな空間に患者を入れる事で、患者を同調させ、又施術者自身は患者の悪い状態を同調することによって感得する事で、自然とどうすれば良いか、体が動くということです。

 

 鍼灸師も施術の前には、このような態度と修練をしておく必要がありますね。