無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

六十四卦①

八卦を上下に重ねる事で、六十四種の現象を表現できます。

 

八卦で、基本的な自然現象を表現できる為、東洋医学では八卦まで理解していれば十分かも知れません。

 

中央を中心として、八方向に分けて物事を理解する八卦を更に一方向を八つに分けます。

 

全てを紹介すると長くなるので、幾つかに分けて簡単に紹介します。

 

初めに示されているのは乾為天。 

f:id:shuji0211:20170511191055j:plain

全て陽であらわされます。六十四種類に分けた現象の中では一番エネルギーに溢れた卦。何でもできる可能性を秘めています。一方で溢れないように常に注意する必要があります。西北にあるのが定位置です。

 

2番目は、坤為地。全て陰であらわされます。西南にあるのが定位置ですが、東北にあっても、多少の損失以外は得るものが多く、静かにいる、誰かに付き随うのが良い卦。

f:id:shuji0211:20170318222350p:plain

 

 

3番目は、水雷屯。水がつく場合は停滞をあらわすことが多く、あまり良くないのですが、ここでは変化の直前の停滞を越えれば大きな利があることをあらわします。

f:id:shuji0211:20170511190959j:plain

 

 

4番目は、山水蒙。正しい道を守って行動し、教える事が求められます。

f:id:shuji0211:20170511191055j:plain

 

5番目は、水天需。水が雲となり、天から降ろうと時を待っている姿です。つまり、良い時を待つのが大切な事をあらわしています。

f:id:shuji0211:20170511191157j:plain

 

6番目は、天水訟。天が上に、水が下にあって交わらない状況。無理やり交わろうとすれば争いが起きる事をあらわします。

f:id:shuji0211:20170511191231j:plain

 

 

7番目は、地水師。地に水が溜まっているので、道理に適い良き指導者がいれば行動を起こして成功する事をあらわしています。

f:id:shuji0211:20170511191302j:plain

 

8番目は、水地比。地に豊かに水がある事をあらわしています。色んな人が集まり交わるのに適しています。

f:id:shuji0211:20170511191330j:plain

 

1から8までは、混沌から乾坤が生まれ、乾坤から水が落ちて、地に満ちている、そんな流れを想像してもらうと分かりやすいかも知れません。