読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

六十四卦⑧

56番目は、巽為風。風が吹いている状態をあらわしています。風に従って、流れるままに行動した方が良いとき。

 

f:id:shuji0211:20170511205511j:plain

 

57番目は、兌為沢。沢が続いている状態をあらわしています。仲間が切磋琢磨し、向上して喜ぶ時を示しています。

 

f:id:shuji0211:20170511205535j:plain

 

58番目は、風水渙。風が水面を吹きすさび、水しぶきが散っている状態をあらわしています。散り散りになる事を示しています。

 

f:id:shuji0211:20170511205602j:plain

 

59番目は、水沢節。沢が水で一杯になっている状態をあらわしています。節度を見極める時期にきていることを示しています。

 

f:id:shuji0211:20170511205631j:plain

 

60番目は、風沢中孚。沢の水面に風が丁度良く流れている状態をあらわしています。

単なる水ではなく、沢の上を吹くことで道理に適った真実の動きをする時を示しています。

 

f:id:shuji0211:20170511205656j:plain

 

62番目は、雷山小過。山上で雷鳴が起こる状態をあらわしています。少しやり過ぎる事、消極的な行いが良い時であるのを示しています。

 

f:id:shuji0211:20170511205723j:plain

 

63番目は、水火既済。水が火の上にあり、上下が相交している状態をあらわしています。完成していること、将来の難事をあらかじめ防ぐ時である事を示しています。

 

f:id:shuji0211:20170511205751j:plain

 

64番目は、火水未済。火が水の上にあり、自然の道理から外れていることをあらわしています。適材適所が適わず、位置が反対になっている事を示しています。

 

f:id:shuji0211:20170511205821j:plain

 

風と沢、肝と肺は左右をダイナミックに表現しています。六十四卦の最後は、直前で完成し、また未完成となる変化をあらわす易らしい終わり方をしています。