無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

60と64

易を学んで行くと、64は六十四卦として理解できます。1つの事象を広げて考えていくと、2→4→8→64と数が増えるに従って、表現力が増します。



しかし、易では50を宇宙を現す数(占筮)としたり、人の一生を60年で一周期とするのはなぜなのか?


これは、基本となる材料は64ありますが、これを組み合わせて1つの周期にする際には、2の乗数で考えるよりも、五行を使った方がよりハッキリと区別できるからだと考えています。


ダイナミックに見た方が総体と一部の関係性が分かりやすいので、60と言う数字にまとめています。5×10で考えたり、5×12で考えたりしているのです。


実際には、60の場合、15が一小単位として考え、15が4つ重なると一大単位とすると言う事です。4は四象で現すと生長老死です。


人生で考えると60年ですが、1年で考えると、60×6。実際には60.875で、60.875×6で365.25日が1年となります。


1年の中も60日と言う単位が季節の変化を現し、また15が一単位と考えると、1年に二十四節の気が流れ、また1ヶ月は30日で月の一単位でありながら、1つの季節の前半、或いは後半を表しています。


更に突き詰めていく事で、人の1日の気の流れの加減と、自然の気の流れの加減との交流として、ある人の気にその矛盾がないかを測る基準としています。