無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

気の流れと卦のまとめ

 東洋的な気の流れと易との関係は、

身近なものでは、十二月辰(12星座)、二十四節気、太陰暦(月の満ち欠け)で表現され、

細かくなると二十八宿、七十二侯であらわされます。


十二月辰とは、十二支を12ヶ月に配当した星座のようなもの。


1日もこの十二支で気の流れをあらわし、


5日〜7日(五星か日月五星の七星)、


15日はこの惑星と太陽・月との関係性が天・人・地に影響を与える期間。


30日は月の満ち欠け。


60日は地球の公転位置と太陽との関係。


70日は60日のエネルギーの影響による地球上の変化(60日と70日は相互依存関係)


これらの関係性が60種類あると考えています。


つまり、生理的なエネルギーの波を簡略化して図示すると以下のようになります。

f:id:shuji0211:20170709233004p:plain

日、月とそれに影響される波という関係は、


天照大神、月読命、素盞嗚尊としても表現されています。