無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

水沢節 

水沢節 f:id:shuji0211:20170511205631j:plain [陽陽陰陰陽陰]は、上が水、下が沢という卦。

 

卦辞は、「節、亨。苦節不可貞。」(句読点は私説)

 

つまり、節があっても通じる(極而変、変而通、通而久)と無端如環(如環無端)する。

 

但し、苦節であればそれはその節(太極)の中に納まるか、その太極を乗り越えて変ずるべきである。

 

 中庸を大切にする儒教であれば、その節の中に納まるべきで、その社会や枠組みから外れない事を第一義としますが、これは小さな太極であり、もう少し視野を広げると、

異なる太極の枠組みを構築できれば、そこに拘泥する必要はなくなります。

 

 このようにして人は進歩と退化の道を行ったり来たりしているのだと。

 

その為、

 

 初爻は「不出戸庭、无咎。」太極の窓、枠組みからでなければ問題ない。

     こていをいでず、とがなし

 

 二爻は「不出門庭、凶。」太極の門や枠組みから出ないのは問題が生じる。

     もんていをいでず、きょう

 

 三爻は「不節若則嗟若、无咎。」節度を守らなければ後悔するが、大きな問題はない。   せつじゃくならざればすなわちさじゃくたり、とがなし

 

 四爻は「安節、亨。」節度を守る事で安定し、何事も通じる。

     せつにやすんず、とおる

 

 五爻は「甘節、吉。往有尚。」無理をせず、節度を守る事ができているので良い。

     せつにあまんず、きち。ゆきてたっとぶあり

 

 

 上爻は「苦節貞凶。悔亡。」節度を持ちすぎて(太極に拘り過ぎて)問題が起こる。

     くせつただしくしてきょう、くいほろぶ      後悔することになる。

 

 1つ1つは節制、節度(太極)の重要性を語っていますが、初爻、二爻で節の陰陽が語られています。

 

 武道の修練度合いでの守・破・離という段階を考えると、守と破の間の節、破と離の間の節は二爻となりますが、ベースとして節の範囲内を守っているからこそ、この節が理解できる事を示しています。

 

 下卦では、人生でも礼節を守らない事で、他の方への信頼を失うことがありますが、それによって将来自分が大きな失敗をしたと感じる事ができれば、それは大きな時限プレゼントを自分で埋め込んだ事であり、礼節を守り続けた人には理解も体感もできない次の環へ飛び移る為のステージが見えている事になります。

 

 上卦では、その苦節を土台とした人達は節度に関する知識と体験が身についている為、自由に動いた上で節度(自分の太極)を守れている。無理をしていないが節度を守っている。節度に意識を置いてしまうと今度は心身を滅ぼす事態になる事を示してくれています。

 

 身体的には元気でも、夏に入っていく時期に冷飲を続けると、この卦のような身体状況になります。

 

 つまり、下半身は熱があるが、お腹は冷え、上半身は気候の加減やその時の感情、

心の状態によって陰陽(寒熱)の変化が起きやすい状態です。

 

 そして、着目するのは首の後ろの冷えと熱の加減、お腹の冷え具合です。