無端如環

東洋医学を始めとして、色々な事について書いていきます。

無端如環と言う題名

古典に書かれている

 

如環無端、如環之無端から取っています。

 

意味は環(たまき)の端無きが如し。

 

それをここでは、わざと?無端如環と書いて

います。

 

正直に言うと、如環無端の中に潜む気だけが記憶にあり、題名にするときに本末が転倒しましたw

 

如環無端の意味合いとしては、

www.seimei-in.com

を参照。

 

書き始めた時の意識と気持ちと自分の解釈を込めて、敢えて訂正せずに「無端如環」と題しています。

 

前後が入れ替わるだけで、意味合いが変わります。

 

自分でもなぜか?分かりませんでしたが、

 

今朝ふっと降りてきました。

 

如環無端とすると、環が中心軸になるイメージを持ってしまうのです。

 

循環と言うのは太極です。一つの端のない太極を示し、人が感性を当てて分析し、理論化する際にはこの観点が大切です。

 

1、太極を意識する。(着眼点がどこにあるか?中心、枠組、軸、時空を設定してその中で思考し、理論化(一つの形)にする。

 

2、終始を意識する。(始めを意識する事で無意識、感覚で捉えたきっかけを形作る土台とする)

 

特にこの2点がなければ無極と太極の区別すらつきません。

 

しかしながら、私が着眼点としているのは光であり、本当の本質的な気。

 

3、これを考えると太極を設定しながらその枠外も意識する。

 

4、太極は十全に整えば必ず次の太極へ変容する。

 

ここを踏まえると、環よりも無(無極)を全面に押し出したかった、仮定(如)よりも前提(無)を意識したかったのだなと感じました。

 

「自分の中の無極と太極」

 

無極は様々な太極を包含していることから、無極は太極とも言えますが、無極は太易(常に大きく変化し)、太初(枠組、軸としての一つの太極の雛形を作り)、太始(太極の実践使用と感性を合致させ)、太素(大きな質的変化を起こし)、太極(窮則変、変則通、通則久を実現した法則性)にも繋がる。

 

1つの小さな環が螺旋になり、螺旋が大きな環となると感じたからなのだと今は考えています。

 

この1つの小さな環を3つ揃えると三才となり、自分の中で一旦の八咫鏡八尺瓊勾玉天叢雲剣が揃います。これが1つの大きな太極であり、大きさによって観る角度によってまた様々な光、色、形に変容するものだと考えているのです。